【いつもの靴に入れるだけ】IRERUDAKE(インソール)  | irerudake

1/6

【いつもの靴に入れるだけ】IRERUDAKE(インソール) 

¥9,900 tax included

*Shipping fees are free on this item.

【RiCAM搭載】いつもの靴に入れるだけ<送料無料>

【RiCAMの期待効果】
★立位バランスが良くなり美しい姿勢を保てます!
★歩行の重心移動が滑らかになります!
★歩行が安定します!
★坂道を歩く時も、バランスを維持しやすい!

「RiCAM」の3点突起は、体重を支える足裏のアーチに作用し、快適な歩行を手助けします。
それによってカラダの軸が整い、ブレや不安定さを軽減し、力強く体幹をサポートしてくれるため、 美しい姿勢になることはもちろん、快適な歩行や骨盤まわりの悩みにもアプローチします。

また、体の重心バランスが整うということは、怪我をされた方やご年配の方の歩行も安定し、楽になります。

【ご注意】
*靴の中敷きとしてお使いください。
*必要に応 じてハサミ 等で大きさ を調整して ください。
*着脱可能なカップインソール等が入っている場合は、取り外してから本品を入れてお使いください。
*万一、足や身体に異常を感じた場合には、使用をおやめください。
*本品は治療用ではありません。血行障害のある方、足裏に傷・湿疹・はれもの等のある方が医師に相談の上ご使用ください。
*本品表面の色合いにバラツキが出ることがあります
*ハーフサイズはご用意ありません。例:24 1/2サイズの方には25サイズをお勧めします。

Add to Like via app

バランスを整えて美姿勢をキープ

IRERUDAKEを使用することで、カンタンに重心バランスを整えることができ、いつでも正しい姿勢を保つことができます!

①立ち姿勢のバランス改善
②ウォーキング時の滑らかな重心移動
③急な斜面でもバランス維持

ツライ立ち仕事や歩行時の疲労を軽減してくれる効果も見込めます。

「RiCAM」ニュートラルポジション理論

RiCAM ニュートラルポジション理論とは、足裏に3つの突起の技術を使い、中足部中央に身体の重心点を誘導することで、片足28個からなる骨を使えるようにすることで身体をニュートラルなポジションに戻すことです。

例えば、子供時代に、竹ぼうきなど棒状の物(以下棒)を手のひらに乗せてバランスをとりながら遊んだことはありませんか? バランスをとるためには、棒を手のひら中央で受け止め、手のひらが微動調整をしながら棒の重心をうまく保持することが大切です。
そこで手のひら全体をきつくテープやサポーター等で固定したり、手のひら中央以外で棒を支えるとどうなるでしょうか。

きっと手のひら全体で微動調整できず、棒は重心バランスを失い倒れてしまいます。バランス遊びに必須な条件は、棒の重心保持の位置と手の微動調整であり、27個からなる手の骨が上手く使うことで、重心を微動調整しながら、上手くバランスを保つことができます。同様に、足でも立つ・歩く・走る際、片足28個の足の骨を微動調整させることで身体の重心バランスを保持させることが理想だと考えます。

棒と人の違いは、人は骨・筋肉・腱・関節等の組織で構成されていることです。 仮に、足の骨全体で上手く微動調整できなくても、筋肉などを拮抗させ重心バランスを保持することで立つ・歩く・走るを可能とさせていますが、身体に大きな負担がかかると考えます。
現在、国籍問わず多くの人々の重心バランスが踵付近にあることで足が上手く使われておらず、身体に大きな負担(特に軟組織)がかかっていると考えます。

どこでも簡単ボディケア

仕事中でもお出かけの時も、いつもの靴に入れるだけ! いつでも簡単に、姿勢矯正ができます。
毎日のストレッチやマッサージなどの時間が確保できない忙しい方にオススメです。いつでもどこでも身体のケアがカンタンにできるインソールです。

利用者インタビュー(J2 SC相模原 夛田選手)

<インタビュー>
Q1:2020年のシーズンにIRERUDAKEインソールを入れてプレーをしてみた感想は?

A1:例年より過密日程で試合も連戦が多かったり
夏でも連戦が普通にあったりという中で例年肉離れであったり怪我が結構あったのが、1回も怪我はせずにシーズンを終えれたというのは、1番でかかったかなと思います。

腰が慢性的に痛かったり、腰のハリ感が強くなるっていうのがあったけど、今シーズン人工芝での練習もあったけどそういうのもなく1シーズン戦えたのはでかいかなと思います。

Q2:IRERUDAKEインソールを使用してプレー面での変化はありましたか?

A2:大きいところは怪我とさっきも言ったんですけど、細かいところで言ったら僕的には、「切り返し」が感覚的な所になるから難しいんですけど、踏ん張って急に逆サイドにターンするとかの時に、グーって入るのかグッて一発で踏み返れるのか、というのは入れる前と入れる後ではほんと、たぶん姿勢であったり、そういう部分の違いだとは思うんですけど、グッて踏んですぐに次のプレーに方向転換にっていうのは変わったかなと思います。

RiCAMで誰もが100歳まで歩ける社会を目指します!

「RiCAM」開発の経緯

IRERUDAKE株式会社 代表取締役 大木 卓也 (オオキ タクヤ) 茨城県笠間市出身 つくば市在住

2004年アテネパラリンピック、視覚障害者自転車競技スプリント銀メダリスト(視覚障害者の先導として二人乗り自転車 の前乗りとして出場、日本では2人目の健常者パラメダリスト) 現役時代より、競技・練習中に落車をしたことで、首や鎖 骨などに骨折してきたことが引き金となり不定愁訴(突発性頭痛や嘔吐・眩暈など)が頻発するようになった。
歯科医師 である妻と、噛み合わせ調整の研究会にて人が2足歩行をするためには、頭位と骨盤の2カ所の重心バランスが重要と いうことを知る。
研究会の技術をとりいれた治療を受けた結果、長年患っていた不定愁訴の症状が改善された。重心バ ランスを整えるためには足裏のどこに重心があるかが重要であることを知り、インソールを研究する。
試行錯誤の結 果、オーダーメイドの技術を応用した製品で、身体の重心バランスの位置を変える
RiCAM を搭載した IRERUDAKE を完成させる。

  • Reviews

    (0)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥9,900 tax included

Free shipping fee

最近チェックした商品
    その他の商品